ファースの家

コダマホームは、ファース工法で施工しています。
それは、国が定める品質確保促進法の劣化対策でも最高等級の認定を受けた工法です。

ファースの家は、強い耐久性と高気密・高断熱の住宅。寒さ厳しい北海道の冬も暖かく過ごせて夏は涼しい、光熱費の負担も少ない本物の省エネ住宅です。

365日24時間・空気の鮮度をキープ

構造体の中で働く空気循環システムが、外から採り込んだ空気を絶えず家中に送り込みます。そして、建物を構成する部材が常に動く空気にふれているため、木材の水分量が一定に保たれて、カビなどの発生を防ぎます。

森の空気のような爽やかさ

外から取り込んだ空気は、床下に敷いたスカットール(空気清浄調湿剤)でキレイにコントロール。室内の湿度が高くなると水分を抱え込み、乾燥したときには水分を放出して適度な水分量を保ちます。だからファース工法は、同じ室温でも、肌に感じる暖かさの質が違います。

空気清浄
きれいな空気をつくる、しっかりとした換気機能。
調湿機能
健康と家の構造体を守る、耐久性・調湿機能。
高気密・高断熱
冬は暖かく夏は涼しく過ごすための、高気密・高断熱。
地震に強い
地震対策も万全。安心して長く住める、吸震構造。
省エネ・エコ
環境や家計にうれしい、省エネ・エコ機能。
冷暖房のランニングコスト
ファースだから可能、効率のよいエアコン冷暖房。

快適空間の仕組み

【健康空気循環システムイメージ図と専用部材の働き】

冷暖房不使用時の天井裏の熱気排出、急な換気を要する時に排気ファンを稼働させます。連動して給気シャッターが開きます。

夏場天井裏全体を冷やすため、高機能エアコンのショートサーキットを防ぎます。

エレメントボックス・熱交換式換気扇のダブル熱交換によって、室温に近づけた新鮮空気をサイクルファンによって床下に送り込み、床下で調湿、清浄された空気が室内・壁内をゆっくりと上昇し、家中の空気環境を常に快適な状態に保ちます。

新鮮空気や暖房・除湿された空気をミキシングホッパーで吸い込み、サイクルファンで床下まで送ります。
※クリーンファンネルを設置した場合は、PM2.5の超微粒子から黄砂、花粉などの埃も集じんし、清浄化された空気を床下まで送ります。

床下に送られた空気は「ファースシリカ」に触れて調湿・清浄されます。

家中を循環している空気に余分な湿気がある場合は1階床下に敷いた調湿剤が吸着し、逆に空気が乾燥している場合は吸着した湿気を空気中に戻し、40%~60%の湿度に整えます。また、調湿剤は臭気や有機ガスなども吸着するので、空気を常に清浄な状態に保ちます。

上昇する空気は全て外壁側に流れ、断熱内側の通気層、居室の給排気口を通り、天井裏に上がります。

外断熱用 ボード状断熱材
ファースボードK (外側)
外側からの熱損失を低減する、硬質ウレタンフォームの断熱ボード断熱性能が高く、難燃対策を施した硬質ウレタンフォームの断熱ボード。柱や間柱から熱が逃げる (熱橋/ヒートブリッジ)のを防ぎます。
ウレタン系現場発泡スプレー方式の断熱材
エアクララ (内側)
断熱と気密を同時に実現。経年劣化しにくく、厚吹き加工も可能。専門施工スタッフによる吹付け硬質ウレタンフォーム。接着性能が高く、隙間や継ぎ目をつくらず高気密・高断熱を実現。
難燃性もあり、地震の揺れも吸収します。
断熱性と日射取得・遮熱性に優れた、Low-Eガラス&サッシ
ファース専用サッシ
日射を取得するか、遮断するか。
寒冷地、温暖地、それぞれの地域事情を考慮。国内トップクラスの気密性・断熱性を誇るLow-Eペアガラスサッシを採用。地域事情に合わせ、日射取得タイプと日射遮蔽タイプの2種類があります。
天井裏で換気・適温に、床下で調湿・清浄した空気を家全体に循環。
健康空気循環システム「AIキット」
天井裏から床下に空気を送り込む際に生じた気圧差で、壁内通気層を通じて空気が上昇。家全体の換気と、空気が壁内通気層を循環する際に、床や壁から輻射熱として冷気・暖気を伝える室内の冷暖房を行う、ファース工法独自の健康空気循環システムは、複数の専用部材によって構成されています。
湿度管理と空気清浄機能・防蟻効果を持った調湿剤 ファースシリカ
調湿効果は炭の7倍。ファースシリカ143kgで炭1トンと同等の効果。自然素材のシリカゲルを改良した専用調湿剤。住宅内の湿度が高くなると水分を吸着し、低くなると放出します。また、ホルムアルデヒドやタバコの臭いなどの汚染物質も吸着。 空気脱臭・清浄にも効果を発揮します。
住宅内部の暖気・冷気を床下で蓄熱・蓄冷
FASタイトプレート
暖気・冷気を、時間差有効活用。蓄熱蓄冷で住宅内部の温度を均一に。床下に複数枚を敷設するH600×W250×D25mmの蓄熱パネルで、住宅内の暖気や冷気の熱を蓄え温度の均一化を行います。 電源などを用いることなく、置くだけで使用できます。

コダマホームはファース工法

1年中、風通しのいい高気密・高断熱。

ファースの家が外気の影響を受けずに夏も冬も快適に過ごせるのは、専用断熱材エアライトにヒミツがあります。家を魔法瓶のようにスッポリ包み暑さ寒さを遮断。そのうえ、新鮮な空気が循環するシステムと構造だから、湿気る・乾くといった不快感もありません。
そのヒントは、100年・200年と存在する日本古来の建築様式です。

茅葺き(かやぶき)屋根の調湿性能を参考に 日本の住宅の平均寿命は、30年と言われています。しかし、日本には住めば住むほど愛着が沸き、100年も200年も長い期間に渡って住み続けられた家がありました。
それは、昔ながらの「茅葺き屋根(かやぶきやね)の家」です。
家屋内の湿度や木材・壁材の含水量を自然に調整する、日本の気候風土にフィットした”水分をコントロールする性能”に着目し、現代に合った形で住宅建設に活かせないか考えたのが、「ファースの家」開発のはじまりです。

数多くの住宅性能を含む、住宅価格。
生涯にわたるコストパフォーマンスに優れます。

「ファースの家」も一般住宅同様に、大きさや使用する建材、構造材、設備の仕様などで建築価格が大幅に異なってきます。「ファースの家」といっても特別なものではなく、温熱環境に関わる部分に多くの工夫をしているに過ぎません。
ですから、建築費用が高いか安いかは、比べる住宅によって異なります。
現在、一般的な工務店が行う断熱仕様の住宅と比べると、坪単価で10万円ほど高くなる場合もありますが、ハウスメーカーが販売している商品と比べると、坪単価で10万円以上も安くなる場合もあります。

「ファースの家」は、調湿機能をはじめとした快適性、耐久性、省エネ仕様などのファース基本性能を全て組み込んだ価格体系ですから、その分イニシャルコスト(導入費用)はかかりますが、住んだ後の光熱費、メンテナンスコストなどのランニングコスト(維持費用)や健康維持にかかる手間や費用も含めた、トータルコストで比べてみてください。

* 活きている空気と暮らそう。